結婚式を成功させるエピソード

ウェディングケーキ

結婚式には、様々なドラマがあります。新郎新婦を取り巻く環境や人間関係は、時にハッピーとは言えない場合があります。それでも、二人がたどり着けた結婚式という人生最大の出来事は、祝福されるべきものであります。式を成功させるというのは、新郎新婦や家族、友人達にとっても温かい気持ちになれる式であるということです。お金を掛けて、衣装や料理を贅沢にするのではなく、ささやかでもアットホームな式が望まれます。

特に友人や家族からの泣き笑いのエピソードは、式を盛り上げます。中には、友人達で作ったドラマ仕立ての映像が、新郎新婦や家族にとって、生涯忘れられないものとなります。今の時代は、少人数の結婚式が増えて、余り派手な式は好まれません。代わりに、神前式や家族婚が注目され、京都の神社仏閣で挙げるカップルも多いようです。日本が誇る伝統工芸でもある美しい着物を着て、世界遺産の神社仏閣で挙げる式は感慨深いものがある筈です。

外国の観光客を魅了している日本の文化の中でも、神前式は憧れのイベントであると言われています。家族水入らずで行う家族婚は、より家族のきずなを強くし、古都の風景が素晴らしいシチュエーションとなるでしょう。


結婚式成功のために手紙を書こう

カップル

携帯電話でのメールのやり取りが盛んになった昨今、筆をとって直筆の手紙を書くということが、本当に少なくなりました。だからこそ、ここぞという時にもらう手紙は特別なものになります。

結婚式は、今までお世話になった人達へ感謝の気持ちを伝え、新たに同じ道を歩んでいくパートナーに「よろしくお願いします」という気持ちを直接伝えられる、大切な瞬間であり、非常に感動的な瞬間です。折角だから多くの人達の心に残る、感動いっぱいの結婚式を成功させたいですよね。そこで、是非、この機会に便箋に想いを書いてみる事をオススメします。

よくあるのは新婦から育ててくれたご両親へのお手紙です。披露宴でよく行われる、新婦が書いたメッセージをご両親の前で直接読んで、そして渡すというセレモニーは、招待されたお客様の涙も誘い、非常に感動的な瞬間です。

また、ご両親へだけでなく、これからのパートナーとなるご新郎へもメッセージを書いてみるといいでしょう。普段は口で伝えている事、または恥ずかしくて直接は言えない事などを、これからよろしくお願いしますという意味を込めて、実際に文字として送れば、ご新郎様にとっても、とても特別な瞬間になるに違いありません。後にも残せるといった意味で、大変素敵な記念になります。、


アットホームな結婚式を成功させる

結婚式や披露宴を行う会場には種類があり、冠婚葬祭を専門に行っている会館やホテル、レストラン、ゲストハウスなどがあります。この中で、アットホームな雰囲気で結婚式を成功させたいと考えている人に選ばれているのが、ゲストハウスウェディングです。

アットホームと言っても、自宅で結婚式を行うとなれば準備をするものがたくさんあり、特別広い家でない限り一般の住宅になると結婚式のために多くの人を呼んでパーティーをするというのは難しいものです。しかし、ゲストハウスは洋風の作りをしている一軒家で家に呼ばれたかのような雰囲気があり、招待客のみんなにくつろいでもらうことができます。

ゲストハウスは、駅から近い利便性の良い場所というよりも、静かで周りには景色を邪魔するようなものがないような場所に施設があることが多いものです。現地までの利便性が悪いこともありますが、一日ゆっくりとその場所で過ごすことができます。一日一組の貸切となっているので、地元から来てもらうという招待客にもたっぷりと楽しんでもらうことができます。広い庭があって挙式を行う設備も整っているので、プログラムに左右されずに自由に過ごしてもらうこともできます。


日本のマタニティウエディングのポイント

写真撮影

近年日本では、マタニティウエディングは珍しくなくなっています。

マタニティ専用のプランを用意している式場も多く、急いで結婚したいという場合でも安心して結婚式を挙げることができます。

マタニティウエディングをするときのポイントとしては、まず式場選びが必要となってきますが、ほとんどの式場が妊婦に対応しているため、当日の介添えなどを行ってもらえます。ただし、挙式当日に妊娠何ヶ月になっているかはよく想定することが必要です。

なるべく負担にならないように、相性のいいプランナーがいる会場を選ぶことがオススメとなります。

ドレスの選び方としては、体にフィットするマーメイドラインやスレンダーラインは避けることが無難です。お腹を目立たせないためには王道であるプリンセスラインは、妊娠中の人でも違和感なく着ることができます。

体に負担をかけないためには、着やすい衣装を選んでいくことが大切です。

ブライダルインナーも妊婦に対応しているため、ある程度調節可能なものを選んだ方が体には負担がかからないとされています。

結婚指輪はむくみが出てしまう時期のため、指輪を購入する時期と挙式のタイミング、産後のことを考えたサイズを選ぶことが大切です。